/

日経平均、反発で始まる 200円超高 米株の最高値更新で買い波及

21日の東京株式市場で日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比187円15銭高の2万8710円41銭。14日に付けた2万8698円を上回った。前日の米株式市場で主要3指数が決算期待などからそろって最高値を更新したことを受け、東京市場にも買いが波及している。バイデン米大統領の就任式で目立った混乱がみられなかったことも買い安心感につながっている。上昇幅は一時、200円を超えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン