/

この記事は会員限定です

視界不良の株式市場、頼りは「高進捗」 好業績に物色

[有料会員限定]

21日午前の日経平均株価は反発し、前引けは前日比135円高の2万7523円だった。前日までの5営業日で1300円超も下げ、短期的な戻りを見込んだ買いが優勢となった。とはいえ世界的な株安の主因とされる米長期金利の不安定さは変わらず、株式の保有比率をどうすべきか頭を悩ませる投資家は少なくない。発表が本格化する3月期企業の2021年4~6月期決算では「市場の視界不良が意識されているため好業績という安心材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン