/

この記事は会員限定です

村田・高島屋社長、国内消費「高額品が堅調、円安てこに外国人を誘致へ」 景気討論会

[有料会員限定]

日本経済新聞社と日本経済研究センターは20日午後、景気討論会を開いた。高島屋の村田善郎社長は、足元の消費動向について「持ち直しており、3月や4月は新型コロナウイルス禍前の2019年の水準にも近づいてきた」と話した。商品別では「富裕層による宝飾品など高額品の消費は伸びている」とした。一方、「勤労者世帯など中間層は食料品の消費にシビアになっている」とし、「消費の二極化がコロナ禍を経て進んでいる」と指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン