/

この記事は会員限定です

大槻氏、世界景気「非資源新興国の動向など注視」 景気討論会

(更新) [有料会員限定]

日本経済新聞社と日本経済研究センターは20日午後、景気討論会を開いた。マネックス証券の大槻奈那・専門役員チーフ・アナリストはウクライナ危機の影響が懸念される世界景気の先行きを読むうえで「脆弱なところから先に影響が出てくるという意味で、非資源新興国にまずは注目すべきだ」との考えを示した。さらに、足元の米国経済について「(信用力の低い)サブプライム層の債務延滞率がリーマン・ショック時も含めて最高にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン