/

この記事は会員限定です

始まった資金流出 欧米正常化に中国利下げも重荷、寒いクリスマスへ

[有料会員限定]

20日午前の東京株式市場で日経平均株価は490円安と大幅続落し、下げ幅を一時500円超に広げるとともに心理的節目の2万8000円割れが目前に迫った。米連邦準備理事会(FRB)など欧米中銀が新型コロナウイルス禍で強化した金融緩和の正常化に向けてかじを切りつつある中、世界的に株式市場から本格的な資金流出が始まったという雰囲気が日々強まりつつある。

前週の米国株を振り返ると、米連邦公開市場委員会(FO...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン