/

この記事は会員限定です

<東証>住友化が一時9%超高 「出遅れ半導体関連銘柄」で物色

[有料会員限定]

(13時30分、コード4005)住友化が大幅に続伸している。一時、前日比40円(9.4%)高の465円まで上昇し、2020年2月以来、約11カ月ぶりの高値を更新した。半導体材料などの事業への成長期待が高く、半導体関連株のなかで出遅れていたとの見方から買われているようだ。

しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長は「スマートフォン向けの電子材料や半導体製造に使われる樹脂など、情報電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン