/

この記事は会員限定です

株、現値を追いかける「目標株価」 ITバブル期に見た光景

[有料会員限定]

20日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日比129円安の2万8504円となった。20日のバイデン次期米大統領の就任式を控え、様子見ムードが広がるなか、アナリストによる目標株価の引き上げが相次ぐ半導体・電子部品株は引き続き高かった。目標が現値を追いかけるような光景は、ITバブル期を思い出させる。

日経平均は取引開始直後こそ167円高となる2万8801円まで上げ、14日に付けた昨年来高値(2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り777文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン