/

JPX日経400大引け、反落 67ポイント安の1万6782

20日のJPX日経インデックス400は反落した。終値は前日比67.75ポイント(0.4%)安の1万6782.16だった。1月初旬からの上昇で国内株相場に高値警戒感が強まっており、利益確定売りが優勢だった。米国でバイデン次期大統領の就任式を控え、持ち高調整の売りも出た。朝方はイエレン次期米財務長官の経済対策への積極姿勢を評価した米株高を好感し、上昇する場面もあった。

第一三共キーエンスが安く、三井物ファナックが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン