/

この記事は会員限定です

<マザーズ>ホープがストップ安売り気配 今期最終赤字最大59億円、「健全化注視」の声

[有料会員限定]

(9時50分、コード6195)自治体向けに電力を供給するホープが制限値幅の下限(ストップ安水準)にあたる前日比500円(23.4%)安の1635円で売り気配となっている。19日、未定としていた2021年6月期の連結最終損益が50億~59億円の赤字(前期は6億6500万円の黒字)になりそうだと発表した。赤字を嫌気した売りが膨らんでいる。

20年12月~21年1月下旬に続いた電力取引価格の高騰の影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン