/

海外勢、日本株を7週ぶり売り越し 3429億円 8~14日

(更新)

財務省が19日発表した対外及び対内証券売買契約などの状況(週間・指定報告機関ベース)によると、海外投資家は8~14日に日本株を7週ぶりに売り越した。売越額は3429億円。同期間は米国の金融引き締めや中国のロックダウン(都市封鎖)などによる世界景気の減速懸念が強まり、米主要株価指数が下落傾向にあった。海外投資家は、日本株にも運用リスクを避ける目的の売りを出したとみられる。

海外投資家による国内の中長期債への投資は4週ぶりの買い越しとなった。買越額は3738億円。短期債は2週連続の買い越しで、買越額は2016億円だった。

国内投資家による海外の中長期債への投資は5週ぶりの買い越しとなった。買越額は3708億円。世界景気の減速が意識される中、相対的な安全資産とされる債券を買う動きが優勢となった。このところ海外の金利上昇(価格は下落)を受けて投資家の持ち高が相対的に少なくなっていたため、買いが入りやすかったとの見方があった。

国内投資家による海外株式への投資は5週ぶりの売り越しとなった。売越額は574億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン