/

この記事は会員限定です

株、半導体関連株の上昇に冷めた目線 中国減速に要警戒

[有料会員限定]

19日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に反発し、前日比31円高の2万6830円で終えた。半導体関連銘柄を中心に買いが入り、上げ幅は一時300円を超えた。もっとも、2万7000円台では利益確定の売りも出やすく、下落に転じる場面があった。原油高に加え、新型コロナウイルスの感染が広がる中国の都市封鎖の影響など、先行きの企業業績には懸念材料が多い。方向感を見いだすにはまだ時間がかかりそうだ。

18...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン