/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 「年内テーパリング開始」に売り反応 恐怖指数の上昇警戒

(更新) [有料会員限定]

【NQNニューヨーク=張間正義】18日午後に公表された7月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では年内のテーパリング(量的緩和の縮小)開始が示唆された。株式市場では金融緩和政策の縮小を警戒する形で幅広い銘柄に売りが広がった。「9月決定・11月の縮小開始」に向け、株式市場は不安定な局面を迎えそうだ。

18日のダウ工業株30種平均は前日比382ドル(1.1%)安の3万4960ドルと続落した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1354文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません