/

この記事は会員限定です

株、反転に一服感 問われるソフトバンクGの賞味期限

[有料会員限定]

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、前引けは前日比71円(0.27%)高の2万6724円だった。一時は下げに転じるなど前日まで急騰した反動で上値追いの動きは力強さを欠いた。相場の持ち直しムードは漂うものの、日本企業を取り巻くマイナス材料は残されたままだ。風向きが変わり始めたソフトバンクグループ(SBG)の上昇の持続性が焦点となっている。

「ひとまず目先の利益を確定しようという動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン