/

QUICK、新会社「QUICKベンチマークス」設立 LIBOR後継指標を算出

(更新)

金融情報サービス会社のQUICK(東京・中央)は18日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の後継指標を算出・公表するための新会社を設立したと発表した。指標算出の透明性を高め、後継指標の利用拡大を促す。新会社の社名は「QUICKベンチマークス(QBS)」で、社長はQUICKの佐々木政洋常務が務める。

QUICKは現在、LIBORの後継指標として「東京ターム物リスク・フリー・レート(TORF)」の参考値を毎日算出・公表している。指数算出の透明性や運営の健全性維持といった観点から、TORFの算出・公表業務をQBSに移す。

参考値は実際の取引には利用できないが、新会社を通じて遅くとも2021年半ばまでに実際の取引に利用できる確定値の算出・公表を始める。TORFは、金融商品取引法に定める「特定金融指標」、QBSは「特定金融指標算出者」に指定されることを目指す。

LIBORは円建てやユーロ建てなどは21年末、ドル建ての一部も23年6月末で事実上の廃止にすることが検討されており、後継指標の整備や移行などの作業が急務になっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン