/

この記事は会員限定です

株、半信半疑の東京五輪 「需要」は失われるか

[有料会員限定]

18日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前週末比280円ほど安い2万8200円台前半で推移している。高値警戒から利益確定売りが出ている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今夏の東京五輪・パラリンピックの開催が危ぶまれると前週末に欧米メディアが報じたことも相場の雰囲気を重苦しくしているようだ。

東京五輪を巡っては、米有力紙ニューヨーク・タイムズが15日、「第2次大戦後、初の五輪開催中止に追い込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン