/

この記事は会員限定です

<東証>住友林が26年ぶり高値 米で住宅需要増の期待、低金利追い風

(更新) [有料会員限定]

(14時20分、コード1911)住友林が続伸している。一時、前日比52円(2.6%)高の2073円と1994年6月以来、約26年ぶりの高値をつけた。米商務省が17日発表した住宅需要の先行指標とされる11月の住宅許可件数は163万9000戸だった。前月から6.2%増え、ダウ・ジョーンズ通信がまとめた市場予測(155万戸程度)を上回った。同社は米国で分譲戸建住宅事業を手掛けており、米国向けの住宅需要が伸びる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン