/

この記事は会員限定です

株、存在感なくす日銀ETF買い 企業と個人が代役に

[有料会員限定]

18日の東京株式市場は方向感の出にくい相場展開だった。値がさ株の一角が買われて日経平均株価は前引けで前日終値比89円高の2万9107円と小幅反発した一方、東証株価指数(TOPIX)は同0.3%安だった。これまでTOPIXが下落すると日銀の上場投資信託(ETF)買い入れ基準の目安とされる前場下落率が意識されたが、市場では「今はほぼ誰も気にしない」との声がある。日銀のETF買いは市場で存在感をなくしている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン