/

この記事は会員限定です

株、遠い200日線 一時2万7000円でも上値追いに迷い

[有料会員限定]

18日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。一時前日比300円以上上昇し6日以来の2万7000円超えとなった。米国の消費が引き続き堅調さを維持していることや、中国のロックダウン(都市封鎖)が解除に向かい始めるなど好材料が増えている。ただ長期トレンドを示すとされる200日移動平均線(2万7982円、17日時点)との乖離(かいり)は依然大きいうえ、200日線は緩やかな下降トレンドを描いている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り933文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン