/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 緩和長期化を好感 物色途切れず、年末にかけ一段高も

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=横内理恵】米連邦準備理事会(FRB)が資産購入策のフォワード・ガイダンス(指針)を強化した米連邦公開市場委員会(FOMC)から一夜明け、17日の米株式市場では改めて量的金融緩和の長期化観測を好感した買いが入った。ダウ工業株30種平均は前日比148ドル高の3万0303ドルとおよそ2週間ぶりに過去最高値を付け、ナスダック総合株価指数も連日で最高値を更新した。投資家は過熱感を意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン