/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 消費関連、低調決算に底堅さ 相場の先高観に

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=川内資子】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反落した。これまで5日間で1377ドルも上昇していたため、上げが目立っていた景気敏感株を中心に利益確定の売りに押された。四半期決算を発表したディスカウントストア大手のターゲットが取引終了にかけて下げ渋るなど消費関連株は底堅さを保ち、株式相場の先高観を映しているようだ。

ターゲットが17日発表した2022年5~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン