/

この記事は会員限定です

株、下落続く半導体関連 受注面でも反転の兆しみえず

[有料会員限定]

17日の東京株式市場で午前の日経平均株価は反落し、前週末比387円(1.43%)安の2万6703円で終えた。米金融引き締め強化などによる景気後退懸念が強い上に、米金利上昇で高PER(株価収益率)のグロース(成長)株には売りが出た。値がさ株の多いハイテク株、特に半導体関連株は半導体受注の面からも、株価反転の兆しがみえない。

14日は米株式市場で主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません