/

この記事は会員限定です

株、中国リスクに広がる警戒 関連銘柄に弱さ

[有料会員限定]

17日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前引けは前日比161円高の3万0485円だった。上げ幅は200円に迫ったが、東証1部で48%の銘柄が下げるなど相場が上値を試していく機運に乏しい。背景にあるのが中国経済の下振れリスクだ。中国恒大集団の債務問題をきっかけに市場では警戒感が広がる。

きょうも中国関連銘柄の一角が下げた。建機大手の日立建機や育児用品のピジョンは逆行安となり、中国ネット企業に出資するソフトバンクグループ(SBG...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン