/

21年12月末の家計金融資産、前年比4.5%増の2023兆円 初の2000兆円台、現預金の積み上げで

日銀が17日発表した2021年10~12月期の資金循環統計(速報)によると、家計が保有する金融資産の残高は21年12月末時点で前年比4.5%増の2023兆円だった。増加は7四半期連続で、残高はこれまで最高だった21年9月末時点の水準(1999.8兆円)を上回って過去最高を更新し、初めて2000兆円の大台に乗せた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で家計が消費を抑制したほか、年末のボーナス支給もあって現金・預金が積み上がった。株高や円安傾向を背景に株式や投資信託、保険・年金・定型保証の残高も増えた。

家計の金融資産の内訳をみると、現金・預金の残高は3.3%増の1092兆円と、過去最高を更新した。保険・年金・定型保証は1.0%増の540兆円、投資信託は20.4%増の94兆円で、ともに残高は過去最高だった。株式などは15.5%増の212兆円だった。

民間企業が保有する金融資産の残高は5.9%増の1279兆円だった。増加は7四半期連続で、残高は過去最高となった。うち現金・預金の残高は3.9%増の319兆円だった。対外直接投資は円安や取引額の増加を主因に、15.7%増の168兆円と過去最高を更新した。

国債保有者の内訳をみると、21年12月末時点で日銀が保有する日本国債の残高は前年比2.9%減の530兆円だった。2四半期連続の減少で、減少率は09年3月以来の大きさだった。保有者全体に占める比率は43.4%と、21年9月末時点(44.1%)から低下した。新型コロナ対応で発行が増えていた国庫短期証券(TB)が償還を迎え、残高が減少したことが影響した。

海外勢の国債保有残高は7.4%増の175兆円で、全体に占める比率は14.3%だった。残高と構成比率はともに過去最高を更新した。国内銀行などの預金取扱金融機関の国債保有残高は5.5%減の163兆円で、保有者全体に占める比率は13.4%だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン