/

日経平均、反発で始まる 押し目買いが優勢

17日の東京株式市場で日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比64円20銭高の3万0387円54銭。前日までの2日間で350円ほど下げ短期的な過熱感が和らぎ、乗り遅れた投資家の買いが相場を押し上げている。国内の新型コロナウイルスの新規感染者数の減少や、政府による経済対策への期待も引き続き日本株の買い材料として意識されている。上げ幅は100円を超える場面があった。ファストリアドテストが買われている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン