/

<米国>テラドック8%安 アマゾンが遠隔医療を事業化と伝わる

【NQNニューヨーク=岩本貴子】(米東部時間12時05分、コード@TDOC/U)16日の米株式市場で遠隔医療のテラドック・ヘルスが売られ、前日比7.6%安の181.15ドルをつける場面があった。「アマゾン・ドット・コムが従業員向けの遠隔医療サービスを外部企業にも提供することを計画している」と伝わり、競合が懸念された。

米ニュースサイトのビジネス・インサイダーが16日付で伝えた。アマゾンが昨年9月に従業員と家族向けに試験運用を始めた遠隔医療サービス「アマゾン・ケア」の対象を外部企業にも広げるという。オンライン不動産情報のジロー・グループに導入を提案しているという。

アマゾン・ケアではスマートフォン用アプリを通じ、オンライン診断を受けたり、対面で診察を受けたい場合は医師を紹介してもらえたりする。アマゾンは11月に処方薬のネット販売を米国で始めるなど、医療分野を強化している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン