/

日銀総裁、国債買い入れの減額 市場機能発揮に向けた「微調整」

(更新)

日銀の黒田東彦総裁は16日の金融政策決定会合後の記者会見で、国債買い入れ額を月間ベースで減額し、さらに、毎月末に発表していた国債買い入れの予定を3カ月ごとの発表に変更したことについて「市場機能が発揮されるようにしている中での微調整」との認識を述べた。

一方、国際商品市況が改善していることについては「需要が急激に増加し、供給が追いついていないため。基本的に世界経済の回復に起因する面が強い」との考えを述べた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン