/

この記事は会員限定です

IPOラッシュの熱狂と冷静、バルミューダはストップ高

山場は5社集中の17日

[有料会員限定]

いよいよ始まった師走の新規株式公開(IPO)ラッシュ。今年12月は26社のIPOが集中する。始まりとなった15日の2社、きょう16日の3社はいずれも上場初日に売買が成立しており、市場が過熱状況になっているとまでは言えない。多くの案件が集中し、投資マネーが分散したのが要因だ。冷静なIPO相場は続くのか。市場では5社が一気に上場する17日こそが最大の山場だとの声が聞こえてくる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン