/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト アップルで上向く投資家心理 景気回復期待で強気優位の市場

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比337ドル高の3万0199ドルで終えた。米国の追加経済対策を巡る与野党協議の進展期待や、新型コロナウイルスのワクチン普及による景気回復期待が相場を支えた。特にスマートフォンのアップルが5%高となり、ダウ平均を押し上げた。

アップルについて、日本経済新聞(電子版)は15日に「2021年1~6月にiPhone(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン