/

11月の貿易収支、9548億円の赤字 資源高で輸入額は過去最大

財務省が16日発表した11月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は9548億円の赤字だった。赤字額は2020年1月(1兆3154億円)以来1年10カ月ぶりの大きさ。貿易赤字は4カ月連続となる。QUICKがまとめた民間予測の中央値は6750億円の赤字だった。原油など資源価格の上昇の影響で、輸入額が遡ることができる1979年1月以来過去最大となり、貿易赤字の拡大につながった。

輸入額は前年同月比43.8%増の8兆3218億円と10カ月連続で増加した。価格上昇で原粗油が同2.3倍、液化天然ガス(LNG)が同2.4倍、石炭は同3倍と大幅に上昇した。

輸出額は前年同月比20.5%増の7兆3671億円で、11月としては過去最大だった。韓国向けなどの鉄鋼が同87.8%増となったほか、中国向けが伸長した半導体等製造装置は同44.7%増だった。

地域別では対アジアが輸出入金額とも過去最大となった。輸出は鉄鋼や半導体等製造装置が伸び、輸入は半導体等電子部品やLNGが増えた。対中国では、輸出は半導体等製造装置や半導体等電子部品の伸びで前年同月比16.0%増、輸入は衣類や有機化合物などが増えて同17.2%増となった。輸入額は過去最大だった。

品目別では世界的な半導体や部品不足により減少が続いていた自動車の輸出金額が前年同月比4.1%増と3カ月ぶりに増加に転じた。数量はまだ減少している。EU向けやアジア向けが伸びた一方、米国や中国向けでは減少が続いた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン