/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 試される空運株の浮力 米空港の利用者数1年ぶり高水準

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は7日続伸し、前週末比174ドル高の3万2953ドルと4日連続で過去最高値を更新した。米国の追加経済対策の恩恵を受けやすい消費関連を中心に買いが入った。特に買いが目立ったのは空運株。株価は新型コロナウイルスの感染が急拡大する前の水準に回復し「浮力」の持続性が試されそうだ。

「春休みから秋にかけての航空券を購入する顧客が増え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1341文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン