/

<米国>アップルが大幅高、iPhone増産報道を好感

【NQNニューヨーク=戸部実華】(米東部時間11時28分、コード@AAPL/U)15日の米株式市場でスマートフォンのアップルが3営業日ぶりに大幅に反発し、一時、前日比4.3%高の126.96ドルを付けた。日本経済新聞(電子版)が15日、「2021年1~6月にiPhone(アイフォーン)の生産計画を前年同期比30%増にする方針を取引企業に伝えた」と報じた。好調な販売を期待した買いが広がった。

1~6月期の生産は最新機種の「12」シリーズに加え「11」や廉価モデル「SE」を含めて最大9600万台となる見通しだ。QUICK・ファクトセットによると市場予想の販売台数は9200万台。今秋に発売した初めて高速通信規格「5G」に対応する機種の販売が伸び、特に上位機種の「12プロ」と「12プロマックス」が好調という。2021年通年の暫定的な生産予測は新旧モデルを合わせて最大2億3000万台で、19年と比べて20%増えるとみられる。

報道を受け、ウェドブッシュ証券のダニエル・アイブス氏は「iPhone12のスーパーサイクルが始まっている」と評価した。ウェドブッシュの試算では現在世界で3億5000万~9億5000万台のiPhoneが買い替え時期を迎えているといい「アップルにとってかつてないほどの買い替えサイクルになる」と予想する。中国で旺盛な需要が見込めるとも指摘し、今後1年間の買い替えの約2割は中国が占めるとみる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン