/

富士フイルム、ヘルスケア事業で売上高1兆円 27年3月期に

(更新)

富士フイルムホールディングス(4901)が15日開催した中期経営計画の説明会で、同社の後藤禎一取締役は成長領域として期待されるヘルスケア部門について「2027年3月期には、売上高で1兆円の達成は可能」との認識を示した。同部門の21年3月期の売上高計画は5500億円となっている。

同部門の中核事業であるメディカルシステム事業の売上高は、27年3月期に7000億円を目指す。22年3月期(今期)に5000億円を計画し、その後は「M&A(合併・買収)も活用し、少なくとも年率7%成長を確実にしたい」(後藤取締役)としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン