/

この記事は会員限定です

株、金利とにらめっこ 「パウエル・ショック」なら急落リスク

[有料会員限定]

15日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸した。前週末の米長期金利の上昇をよりどころにした景気敏感株買いがハイテク株売りに勝った。16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)、18~19日の日銀の金融政策決定会合に向けて金利の先高観が強まるなか、金利急上昇による市場混乱というリスクもくすぶっている。景気敏感株買いの足元はおぼつかない。

株式市場が金利上昇を支えにした景気敏感株買いに傾く一方、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン