/

この記事は会員限定です

株、小売り総崩れ 弱気に傾く市場予想

[有料会員限定]

15日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前引けは前日比36円高の2万9657円だった。米国の新型コロナワクチンの普及期待を背景に景気敏感株の一角が買われたものの、前引けにかけて失速するなど、3万円を再び試しに行く機運は乏しい。影を落としているのが、前日で決算発表が一巡した主力の小売株が、発表後にほぼ総崩れとなっていること。これまで業績の急回復を前提に買い進まれてきた、製造業など主要企業の2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン