/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト コインベース上場に色めく市場、一時72%高も割高感意識

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反発し、前日比53ドル高の3万3730ドルで終えた。新型コロナウイルスのワクチン普及が遅れるとの懸念が後退し、景気敏感株への買いが再開した。そんな中で話題を集めたのが、待望されていた暗号資産(仮想通貨)交換業者の米コインベース・グローバルの上場だ。

同日に米ナスダック市場に上場したコインベースの初値は381ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン