/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 景気と投資に温度差 アップル新製品も支えにならず

(更新) [有料会員限定]

【NQNニューヨーク=戸部実華】14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。前日比292ドル安の3万4577ドルで終えた。上昇して始まったものの、新製品発表会で注目されたアップルに売りが出て指数を下押しするなど相場はさえない展開だった。景気見通しが悪化するなかでも主要な株価指数は過去最高値圏を保ち、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)との温度差は鮮明だ。長期的な先高観を崩さないながらも目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1478文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン