/

日本株ADR14日、売り優勢 武田と三井住友FGが下落

【NQNニューヨーク=張間正義】14日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)は売りが優勢だった。米株式市場でダウ工業株30種平均が下落し、日本株ADRも売られる銘柄が多かった。武田三井住友FGが下落した。三菱UFJキヤノンも下げた。一方、オリックストヨタは上げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン