/

この記事は会員限定です

株、ソフトバンクGの急落が映す「もろさ」

[有料会員限定]

14日午前の東京株式市場で日経平均株価は反落し、前引けは前週末比215円(0.76%)安の2万8047円だった。前週末11日に817円高と急伸していたため、下げ幅自体は利益確定売りの範囲内と受け取れる。ただ、気掛かりなのは10月以降の相場上昇をけん引してきたソフトバンクグループ(SBG)株の急落だ。市場では、需給が演出した株高が支えを失った時の「もろさ」を象徴する動きとの解釈も聞かれ、相場全体の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません