/

ドイツ株14日 4日ぶり反発 ECBの緩和姿勢が支え

14日のフランクフルト株式市場でドイツ株価指数(DAX)は4営業日ぶりに反発し、前日比87.41ポイント(0.62%)高の1万4163.85で終えた。欧州中央銀行(ECB)が14日の理事会後に公表した声明では、国債など資産の新規買い入れの終了時期について「7~9月期」との方針が維持された。利上げについても、量的緩和政策の終了後「しばらくしてから実施し、緩やかなものになる」との見通しを据え置いた。ECBは想定ほど金融政策の正常化を急がないとの見方から、株式市場では買いが優勢となった。

欧州主要600社の株価指数であるストックス600は前日比0.67%高だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン