/

この記事は会員限定です

欧州外為早朝 ユーロ下落 イタリアの政治不安が重荷

[有料会員限定]

【NQNロンドン=椎名遥香】14日早朝のロンドン外国為替市場でユーロは対ドルで下落して始まった。英国時間8時時点は1ユーロ=1.2140~50ドルと前日16時時点に比べ0.0020ドルのユーロ安・ドル高だった。イタリアの連立政権の一角を成す少数政党「イタリア・ビバ」の閣僚2人が13日に辞任し、連立政権の崩壊への懸念が出ている。同党は、新型コロナウイルスで打撃を受けた経済を立て直すための予算を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン