/

ファストリの9~11月期、純利益1%減 国内や中国のユニクロは好調

国内ユニクロで値引き率の大幅な低下や生産効率の改善が進む(東京都中央区)

ファーストリテイリングが14日発表した2020年9~11月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比1%減の703億円だった。赤字が継続している一部事業の業績悪化で、税金の負担率が上昇したのが響いた。ユニクロ事業は、新型コロナウイルスの感染拡大で海外の一部が落ち込んだものの、国内や中国は在宅時間の増加を背景とした部屋着などが好調で、収益を支えた。

売上高にあたる売上収益は1%減の6197億円だった。北米や欧州のユニクロを中心に新型コロナの感染拡大による一部店舗の臨時休業が重荷となった。営業利益は23%増の1130億円だった。国内ユニクロで値引き率の大幅な低下や生産効率の改善が進み、利益を押し上げた。

21年8月期(今期)の連結業績見通しは従来予想を据え置いた。売上収益は前期比10%増の2兆2000億円、純利益は83%増の1650億円を見込む。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン