/

この記事は会員限定です

株、雲間に見え始めた光 ワクチン接種・外需に関心向かう

[有料会員限定]

14日午前の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発。午前終値は前日比492円高の2万7940円だった。前日までの3日間に2000円超下げた反動で、自律反発を狙った買いが優勢となっている。米長期金利の上昇や国内の新型コロナウイルスの感染拡大といった懸念材料は拭い切れていない中でも、市場ではその先にみえる光明を見いだす動きが出始めている。

「投資収益面でも割安感が強くなっており、買いが入りやす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン