/

この記事は会員限定です

上海株前引け 小幅続落、貿易統計の反応限定 アジア300指数は小反落

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】14日前場の中国・上海株式相場は小幅に続落した。上海総合指数の前引けは前日比10.3750ポイント(0.28%)安の3588.2768だった。指数がおよそ5年ぶりの高値圏で短期的な過熱感もあり、利益確定目的の売りが出た。

中国の2020年12月の貿易統計は堅調な内容だったが、材料視する買いは限られた。資源・素材株が利益確定で売られ、これまで春節(旧正月)向けの需要期待で買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン