/

この記事は会員限定です

遠のく経済正常化 20、21年度の成長率下振れ 民間予測

[有料会員限定]

緊急事態宣言で国内景気の先行きが怪しくなっている。日本経済研究センターが13日に発表した民間エコノミストの見通しによると、2021年1~3月期の予測平均はマイナス成長へ下振れした。20、21年度の成長率予測も下方修正となり、22年度時点でも新型コロナウイルス感染拡大の影響が本格化する前の19年度の実質GDP(国内総生産)を0.7%下回る水準にとどまることになる。経済正常化は遠のいている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1551文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン