/

この記事は会員限定です

上海株前引け 小反落、保険や医薬安い アジア300指数は続伸

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】13日午前の中国・上海株式相場は小幅に反落した。上海総合指数の午前の終値は前日に比べ3.0075ポイント(0.08%)安の3605.3314だった。指数は12日に約5年1カ月ぶりの高値を付けており、短期的な相場の過熱を警戒した売りがやや優勢となった。12日夜に発表された2020年12月末の現預金総額(M2)や融資増加額の伸び率が鈍化したことも、投資家心理の重荷となった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り452文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン