/

この記事は会員限定です

<東証>レノバが一時12%超高で上場来高値 「30年に太陽光発電コスト最安」推計で思惑

[有料会員限定]

(10時20分、コード9519)再生エネルギー開発を手掛けるレノバが大幅に続伸している。一時、前日比595円(12.2%)高の5480円まで買われ、株式分割を考慮したうえでの上場来高値を更新した。経済産業省が12日、太陽光発電の2030年時点のコストが原子力発電を下回り最安になるとの推計を示した。発電コストの低減で太陽光が原子力に代わる主力電源になり、設備需要が拡大するとの思惑から買いが集まっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン