/

3月のマネーストック、「M3」前年比3.1%増 残高は過去最高

日銀が13日発表した3月のマネーストック(通貨供給量)速報によると、代表的な指標のひとつである「M3(現金、銀行などの預金)」の月中平均残高は前年同月比3.1%増の1536兆2000億円だった。残高は過去最高を更新した。現金通貨の伸びが寄与した。ただ預金通貨の積み上がりが鈍り、前年比の伸び率は2020年4月以来(3.0%増)の小ささだった。

預金通貨の月中平均残高は同6.7%増の892兆3000億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大で個人消費が抑制され、預金の増加につながった。もっとも前年の増加率が高く、前年同月比の伸びは鈍化した。現金通貨は同3.2%増で、残高は113兆8000億円だった。

M3からゆうちょ銀などを除いた「M2」は同3.5%増で、残高は1183兆7000億円だった。M3に国債や投資信託など貨幣に比較的近い金融資産を加えた「広義流動性」は同4.2%増の2013兆8000億円だった。このうち外債の月中平均残高は同4.7%増と、17年10月(8.2%増)以来の高い伸びとなった。外国為替市場で円安が進み、円換算後の残高を押し上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン