/

米株安重荷、反発狙いの買いも(先読み株式相場)

13日の東京株式市場で日経平均株価は底堅く、一進一退の展開か。前日の米株式市場で主要株価指数が下落した流れを受け、東京市場では運用リスクを回避する売りが出そうだ。もっとも、日経平均は前日に大きく下げ、2万6334円と約1カ月ぶりの安値を付けたため、反発狙いの買いも入りやすい。日経平均は2万6100円~2万6500円の推移が予想される。

12日の米株式市場ではダウ工業株30種平均は続落し、前日比87ドル安の3万4220ドルと、ほぼ1カ月ぶりの安値で終えた。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締め観測を背景に売りが優勢となった。同日発表の3月の米消費者物価指数(CPI)のコア指数(エネルギー・食品を除く)が市場予想ほど上昇せず、買いが優勢となる場面もあった。ナスダック総合株価指数は3日続落。米株の下落は13日の日本株に引き続き逆風となりそうだ。

もっとも、売り一辺倒の展開は想定しにくい。日経平均は前日に486円(1.8%)下落した。米CPIの発表を前に米金利の先高観が意識されたのが重荷となった。米CPIコア指数の伸びが市場想定ほどではなかったため、日本株には見直し買いも入りそうだ。日本時間13日早朝の大阪取引所の夜間取引で日経平均先物6月物は前日の清算値と同じ2万6320円で取引を終えた。

個別ではローソンに注目だ。13日付の日本経済新聞朝刊は「ローソンは完全子会社の高級スーパー、成城石井(横浜市)を2023年度までに東京証券取引所に新規上場する方針を固めた」と報じた。上場時の時価総額は2000億円を上回る可能性もあるという。ローソンの売却益を意識した買いが入りそうだ。

13日は内閣府が取引開始前に2月の機械受注を発表する。ABCマートアダストリアが2022年2月期決算を発表する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン