/

4月の街角景気、現状判断指数は2カ月連続改善 客足戻り収益改善に期待

内閣府が12日発表した4月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、3カ月前と比べた足元の街角の景気実感を示す現状判断指数(DI、季節調整済み)は前の月から2.6ポイント上昇の50.4だった。改善は2カ月連続。3月下旬に新型コロナウイルス感染に関する「まん延防止等重点措置」が解除されたほか、祝日も追い風に客足が戻り、企業収益の改善を期待する見方が広がった。

内閣府は現状の景気の基調判断を「持ち直しの動きがみられる」に据え置いた。

調査期間は4月25~30日。現状判断DIを構成する「家計動向」「企業動向」「雇用関連」のすべてが上昇した。「世界情勢は不安定で物価上昇も続いているが、国内宿泊マーケットは底を脱した印象が強い」(東北の旅行会社)との声が聞かれた。

2~3カ月後の景気の良しあしを判断する先行き判断指数(DI、季節調整済み)は前月比0.2ポイント上昇の50.3と、3カ月連続で上昇した。「家計動向」「企業動向」「雇用関連」のうち、「企業動向」と「雇用関連」が上昇した。感染症の影響が和らぎ、経済活動の正常化を見込む声があった。一方、ロシアによるウクライナ侵攻や円安などを背景にした原材料価格の高騰で、今後企業収益の悪化を懸念する声もあった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン