/

この記事は会員限定です

<米国>エヌビディア6%高、初のCPU発表 競合のインテルとAMD大幅安

(更新) [有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】(コード@NVDA/U、@INTC/U、@AMD/U)12日の米株式市場で画像処理半導体(GPU)のエヌビディアが4日続伸し、前週末比5.6%高の608.36ドルで通常取引を終えた。12日の開発者向け年次イベントで同社初のデータセンター向けCPU(中央演算処理装置)を発表し、成長期待の買いが入った。一方、競合するインテルやアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン